読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見つけた気になる情報を気まぐれに綴るブログ

ネットで見つけた気になった情報を気まぐれに書いていこうと思います。なかなかお得な情報もあります。

生活環境と身長の関係/サプリメントを有効活用し成長の最適化を目指す

誰しも身長が高いほうが良いと考える傾向が多いのがこの世の中ではないかと思う。その思いがあってか、平均身長というものはどんどん上がってきている。
高身長というのは基本的に先天的なもの、つまり生まれつきの体質によって大きく影響される。
背が伸びやすい人はどんな生活をしていても大きくなる。
逆に競馬のジョッキーなどは、体重が軽いことが求められるから、ジョッキーを目指す人は成長期に、身長が伸びることを恐れ、結果伸びてしまう人や伸びてしまう。
このように先天的な要因が強いイメージである。
 
しかし、要因はそれだけではない。これは明白であり間違いがないと思う。
たとえば幼少時にしていたスポーツの種類によって体系が変わるという現象がある。
きっと、気づく人もいるのではないかとおもうが、皆同じような体系になっている傾向がある。
たとえば、野球。野球は重心が低くなることで安定感が増すのか、骨盤周りがしっかりした体系の人が多い。フィギュアスケートも同じ理由により骨盤周りがとてもしっかりしている。ほかにはバスケットボール。走って戻ってを必然的に繰り返すため体の捻りを多用からか、ウエスト周りがほっそりとスラーっとした体系になる傾向が強い。また、一説によると、バスケットのようなジャンプをするスポーツにおいては着地時の衝撃が間接に伝わり、それが影響して身長が伸びるらしい。聞いた話ではあるが、何かしっくり来るものがある。
 
このように少なからず、環境によって体系がかわることをみると、成長への影響は先天的なものだけではないといえる。
 
さて、どのようなアプローチがあるか?
1つは先に伝えた、スポーツなど、体をどのように使うかということで成長に影響を与えるアプローチ。
2つめは食事。これは誰もが意識するのではないだろうかと思う。たとえば身長を伸ばすには牛乳だ!となんとなく知っている人もいるのではないだろうか。
実際重要な栄養素が含まれるので成長に良い影響を与えるとは思うが、具体的に何が効いているのかを把握している人は少ないのではないだろうか。
牛乳を例に挙げると、カルシウムが取れるから骨に良いので身長が伸びる!と考えている人が多いのではないかとおもうが、これは半分正解である。どちらかというとカルシウムではなく牛乳に含まれるたんぱく質が体や骨の成長に影響しているといわれている。
したがって、たとえば煮干で一生懸命カルシウムを摂るんだという結論に至った人であれば、牛乳とは違いカルシウムはあってもたんぱく質は十分に摂れないので、効果が得辛いということになってします。
 
重要なのは、現在の研究の成果に従い、必要な栄養素をしっかりとるということである。
しかしわれわれは専門家ではないので具体的に何を食べればいいのかわからなくなってしまうのではないか。
 
そこで、成長サポートサプリメントを活用するというのがとても効率的であると考える。
サプリメントなので、薬物投与とは違い体に対して悪影響というものは少ないため安全性は高い上に、日々の生活や成長に必要な栄養素を研究の成果に従って摂ることができるというメリットがある。
 
是非、検討してみてはいかがだろうか?